【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】カエルの寝顔を見えるかな? アクア・トトぎふで冬眠の観察水槽を展示

【岐阜】カエルの寝顔を見えるかな? アクア・トトぎふで冬眠の観察水槽を展示

ジャンル・エリア : 岐阜  2011年01月05日

水槽の中でカエルが眠る場所を指し示す担当者=各務原市川島笠田町のアクア・トトぎふで

水槽の中でカエルが眠る場所を指し示す担当者=各務原市川島笠田町のアクア・トトぎふで

目撃情報も募集

 土の中で冬眠しているカエルを観察できる珍しい水槽が、各務原市川島笠田町の県世界淡水魚園水族館「アクア・トトぎふ」にお目見えした。10日まで展示予定。

 
 1階の室内と中庭を隔てるガラスの外側にヌマガエル、ナゴヤダルマガエル、トノサマガエルの水槽を設置。冬眠に適した約0~13度で、水槽の小窓をのぞくと土の中で眠る姿が見える仕掛けだ。ガラスの内側には、活発に動き回る約20度の水槽を置き、カエルの様子を対比できる。

 同館によると、本州に生息するほとんどのカエルは、冬になると土や落ち葉の下にもぐり冬眠。飼育担当者は「動かなくても確かに生きている。足元で眠るカエルの姿を知ってもらえたら」と話す。

 調査のため冬眠中のカエルの目撃情報を募っており、応募者全員にオリジナル缶バッジとポストカード、有力情報なら同館の年間パスポートを贈る。情報は郵送、ファクス、電子メールで〒501-6021 各務原市川島笠田町1453 アクア・トトぎふ=ファクス0586(89)8201、メールfrog@aquatotto.co.jp=へ。 (久下悠一郎)

旅コラム
国内
海外