【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】滑走最大斜度46度 奥伊吹スキー場に新コース

【滋賀】滑走最大斜度46度 奥伊吹スキー場に新コース

ジャンル・エリア : 近畿  2011年01月06日

最大斜度46度のニューチャレンジコース=米原市甲津原で(奥伊吹観光提供)

最大斜度46度のニューチャレンジコース=米原市甲津原で(奥伊吹観光提供)

 米原市甲津原の奥伊吹スキー場で、最大斜度46度で全国屈指の上級者向けコース「ニューチャレンジコース」がオープンし、スキーやスノーボード客がスリル満点の滑走を楽しんでいる。

 
 コースは高低差180メートルで全長400メートル。圧雪車は使わず自然の地形をそのまま利用し、大自然を滑り抜ける感覚が売り。スキー場外の滑走を楽しむ「バックカントリースキー」ファンも安全に楽しめるようにと整備した。

 運営する奥伊吹観光の草野穣治取締役は「北向きなので、雪のコンディションもいい」とイチ押し。開設した3日から5日までに約100人の上級者が挑戦したという。

 家族でコースを楽しんだ長浜市相撲町の北川あゆ美さん(13)は「ちょっと怖かったけど、楽しかった」と余裕の笑顔だった。 (森若奈)

旅コラム
国内
海外