【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】ペンギン戻る ライチョウ来る ファミリーパーク

【富山】ペンギン戻る ライチョウ来る ファミリーパーク

ジャンル・エリア : 富山  2011年01月07日

3カ月半ぶりに勢ぞろいしたフンボルトペンギン=富山市ファミリーパークで

3カ月半ぶりに勢ぞろいしたフンボルトペンギン=富山市ファミリーパークで

池で元気 展示再開
3カ月半ぶり

 富山市ファミリーパークは今年最初の営業日の5日、昨年夏の猛暑で体調を崩していたフンボルトペンギン全8羽の展示を、3カ月半ぶりに再開した。勢ぞろいしたペンギンたちは、池で元気な姿をみせていた。

 
 パークでは、昨年8月下旬~9月下旬にペンギン13羽のうち、5羽が熱中症による脱水症状で死んだ。残り8羽も血液検査で肝機能の低下と脱水症状がみられたため、9月末から展示を休止し、治療していた。

 先に体調の回復した3羽が10月末に池に戻った。残り5羽もビタミンやミネラルの栄養補給や冬場の環境に慣れさせた後、12月の検査で回復したため、再展示を決めた。

 動物課の堀口政治さんは「体調が完全ではないと思うので、健康観察をしっかりしたい」と話している。ペンギンが池の周りを歩く人気のイベント「ペンギンお散歩ガイド」の再開は未定。 (永井響太)

自然繁殖取り組む

 ノルウェー産のスバールバルライチョウの自然繁殖を目指す富山市ファミリーパークに6日、雌1羽(1歳半)が東京の上野動物園から到着した。

上野動物園から譲り受けたスバールバルライチョウの雌=同パーク提供

上野動物園から譲り受けたスバールバルライチョウの雌=同パーク提供

 ライチョウの搬入は昨年12月末の予定だったが、雪のため延期していた。譲り受けたのは体長約30センチ、体重約900グラム。健康状態は良好という。

 ライチョウは、健康状態や病気の発症の可能性など2週間かけて検査。20日以降に照明を24時間点灯し、ノルウェーの白夜を再現しながら屋外展示する。パークにいる雄2羽とお見合いさせ、交尾や出産を誘発させて全国初の自然繁殖に取り組む。 (永井響太)

旅コラム
国内
海外