【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】「忍者びな」参上 伊賀の商店主ら考案

【三重】「忍者びな」参上 伊賀の商店主ら考案

ジャンル・エリア : 三重  2011年02月03日

ユニークな姿をした上野中町オリジナルの「忍者びな」=伊賀市上野中町で

ユニークな姿をした上野中町オリジナルの「忍者びな」=伊賀市上野中町で

 伊賀市中心部を多数のひな人形で彩る催し「伊賀上野城下町のおひなさん」が5日開幕するのに向け、上野中町の商店主らでつくる中町活性化委員会が、オリジナルの「忍者びな」を手作りした。

 
 目元だけを出して顔を覆い、忍者のような姿をした高さ7センチほどのひな人形。伊賀流忍者にちなんだ商品として、委員会が一昨年に考案した。ことしもメンバー15人が昨年末から準備を始め、木の棒や和紙などでケース入りの計100セットを作り上げた。

 10分ほどで作れる忍者びなキットも100セットそろえた。完成品の販売・体験ともに、上野中町の町屋「藤川邸」で催し期間中に毎日用意する。完成品800円、体験は600円。

 委員会代表の平木達郎さん(69)は「観光客のお土産や、来場した子どもの工作体験として楽しんでもらえれば」と呼び掛ける。

 催しは3月3日まで続き、本町通りを中心に60店舗が軒先にひな人形を飾る。飲食店ではひな祭りにちなんだ特別メニューも出す。 (河北彬光)

旅コラム
国内
海外