【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】特産茶使いスイーツ 甲賀の魅力発信

【滋賀】特産茶使いスイーツ 甲賀の魅力発信

ジャンル・エリア : 近畿  2011年02月17日

土山茶の風味を生かして開発されたスイーツ=甲賀市土山町北土山で

土山茶の風味を生かして開発されたスイーツ=甲賀市土山町北土山で

 甲賀市の土山町商工会が、観光振興に生かそうと地元特産の土山茶を使ったスイーツ5商品を開発した。新名神高速道の土山サービスエリア(SA)や道の駅で今月から順次販売を始めた。

 
 土山茶は鈴鹿山麓(さんろく)の豊かな自然の中で栽培されており、茶葉が厚く、豊かな香りと甘みを持つ。流通量が他産地に比べて少なく、知名度が低いのが課題。

 土山町商工会は地域資源の活用を支援する国の補助金を受け、スイーツの開発に着手。土山茶をスペインの伝統的な焼き菓子「ポルポローネ」(12個入り525円)やジェラート(140ミリリットル380円)、紅茶ジャム(100グラム770円)、焼きまんじゅう(1個150円)、ういろう(3個330円)に混ぜ込んで、風味豊かに仕上げた。

 焼き菓子はホワイトチョコレートを生地に混ぜてあり、口の中でとろけるような食感を茶の香りとともに味わえる。茶の風味が凝縮されたジャムはケーキやクッキーの風味付けにも応用できそう。

 主な販売場所となる土山SAの1日の平均利用者は1万2000人に上り、商工会はPR効果に期待。松岡宏会長は「土山だけに限らず、市内の全地域と連携し甲賀の魅力を発信したい」と話した。

 問い合わせは同商工会=電0748(66)0354=へ。

 (林勝)

旅コラム
国内
海外