【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】エコ運転競うマシン登場 鈴鹿サーキットで3月5日から

【三重】エコ運転競うマシン登場 鈴鹿サーキットで3月5日から

ジャンル・エリア : 三重  2011年02月24日

レバーでエネルギーを蓄えながら経済走行できる「エネワン」の運転席

レバーでエネルギーを蓄えながら経済走行できる「エネワン」の運転席

 鈴鹿市の鈴鹿サーキット遊園地に3月から、新アトラクション「ene-1(エネワン)」が登場する。スピードではなく、燃料補給と経済的な運転で走行距離を競う“エコマシン”で同月5日から利用できる。

 
 マシンの定員は1~4人。乗った人がアクセルと燃料補給の操作を協力して行い、1周400メートルコースの完走を目指す。

 レバーを前後に動かし、ボタンを操作して“燃料”を補給、コース状況に合わせてアクセルを微妙に調整することで消費エネルギーの無駄を減らす。ゴールをすると「上級ライセンス」、370メートル進めば「通常ライセンス」がもらえる。

 料金は1人400円で同遊園地のパスポートでの利用もできる。問い合わせは、同サーキット=電059(378)1111=へ。

 (村瀬力)

走行距離を競う新登場の「エネワン」=いずれも鈴鹿市の鈴鹿サーキットで

走行距離を競う新登場の「エネワン」=いずれも鈴鹿市の鈴鹿サーキットで

旅コラム
国内
海外