【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】表情多彩なひな人形 尾張旭で明治以降の160体展示

【愛知】表情多彩なひな人形 尾張旭で明治以降の160体展示

ジャンル・エリア : 愛知  2011年02月28日

趣ある雰囲気で飾られたひな人形=尾張旭市のどうだん亭で

趣ある雰囲気で飾られたひな人形=尾張旭市のどうだん亭で

 尾張旭市霞ケ丘町の教育文化施設「どうだん亭」で27日、ひな人形展が始まった。3月3日まで。無料。

 
 明治-昭和期のひな人形160体や、ひな祭りに関連した飾り物が並んでいる。古都の優雅な風景が再現されている御殿飾りびなや、高さ50センチで一対になった内裏びななど多彩な表情が楽しめる。母屋の玄関をくぐると内裏びなが来場者を迎え、和室や座敷、離れにもずらり。裏庭に生えるウメは薄桃色の花を満開にしている。

 どうだん亭は、岐阜県の旧坂下村(現飛騨市)から移築された合掌造りの古民家。母屋は築280年で、一部は国の登録有形文化財になっている。

旅コラム
国内
海外