【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】能登の春 いっぱい  イサザ漁 穴水で解禁

【石川】能登の春 いっぱい  イサザ漁 穴水で解禁

ジャンル・エリア : 石川  2011年03月02日

肌寒い中、早朝から漁に出て、網を引き揚げる人たち=穴水町で

肌寒い中、早朝から漁に出て、網を引き揚げる人たち=穴水町で

 能登の春の風物詩イサザ漁が1日、穴水町で解禁された。小又川河口では、朝から四手網(よつであみ)を上げ、魚をひしゃくですくう人の姿が見られた。

 
 イサザは体長約5センチのハゼ科の小魚で、シロウオとも呼ばれる。この時期に産卵のためにそじょうする。揚げ物や吸い物にするとおいしく、旬の食材として人気がある。

 初日は曇り空で肌寒かったが、早速漁に出た穴水町の中田満さん(62)は「いつも解禁日は捕れないけど、今日は結構いい。もう少し暖かくなるともっと捕れる」と話していた。漁期は5月末まで。 (宮畑譲)

旅コラム
国内
海外