【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 春スキー 長野県蓼科・白樺エリア

春スキー 長野県蓼科・白樺エリア

ジャンル・エリア : 甲信越  2011年03月17日

北アルプスが一望できる「白樺高原国際スキー場」

北アルプスが一望できる「白樺高原国際スキー場」

北アルプス望む絶景

 長野県茅野市、立科町、長和町の蓼科・白樺エリアにはスキー場が7つある。すべて標高1350メートル以上にあって晴天率80%。さらさらの雪質で春スキーには最適の地だ。

 13日に小学生未満の子ども対象にスキー大会をした「白樺高原国際スキー場」(立科町)は、全長102メートルのキッズウェイ(歩く歩道。18日まで運休)で親子連れをサポートする。大会に出場した東京都八王子市の高山優理佳ちゃんが「ツルツル滑れて楽しかった」とにっこりする横でお母さんは「(東日本大震災で)家もかなり揺れて怖かったが、娘が楽しみにしているので思い切って来ました。1日短縮したけどリフレッシュできました」。

 スキー以外の楽しみも。エリア唯一のゴンドラリフト(全長1260メートル)で標高1830メートルの山頂に上がって展望台に行くと、西穂高岳から白馬乗鞍岳までの北アルプスがずらり。間には槍ケ岳、立山もくっきり。「春は好天日が多いのでよく見えます。スキーをせずとも来てください」と町観光課の今井清さん。

 スキーの後は茅野市の「マリー・ローランサン美術館」へ。フランス人画家マリー・ローランサンの世界で唯一の専門美術館。マリーの生涯と芸術と題した常設展中で、代表作品「接吻(せっぷん)」(ザ・キス)など約100点を展示するほか、在日フランス人アーティストのピエール・ジルの書、写真など約30点の特別展(7月24日まで)をしている。

 最後はお土産。中央道・諏訪IC近くの「信州野沢菜センター」は漬物だけでも100種類以上を販売。試食もOK。3袋1000円など手軽に買える。

 ▼メモ 蓼科・白樺エリアへはJR中央線茅野駅からバスで約50分。マイカーは中央道・諏訪ICから国道152号などで約40分。

 20日は7つのスキー場で小学生以下リフト無料。白樺高原国際スキー場のゴンドラリフトは中学生以上往復900円。震災後の節電対策のためゴンドラ以外のリフトは18日まで運休。21日は餅つき大会と豚汁サービス。4月3日まで営業(電)0267(55)6201=白樺高原国際スキー場

 マリー・ローランサン美術館は無休。高校生以上1000円。4月1日開園の彫刻公園との共通券は1500円(電)0266(67)2626

 全般の問い合わせは、長野県名古屋観光情報センター(電)052(263)4118

(中日新聞夕刊 2011年3月17日掲載)

旅コラム
国内
海外