【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】「江」の手紙をパネル展示 岐阜市内10施設で

【岐阜】「江」の手紙をパネル展示 岐阜市内10施設で

ジャンル・エリア : 岐阜  2011年03月25日

旅館や観光案内所など10施設に展示される「江」の手紙のパネル=岐阜市役所で

旅館や観光案内所など10施設に展示される「江」の手紙のパネル=岐阜市役所で

 NHK大河ドラマで注目されている「江」の手紙が岐阜市に伝わることを広く知ってもらおうと、同市と長良川温泉旅館協同組合は26日から、手紙のパネル展示を始める。6月14日~7月10日には、手紙の実物を初めて市歴史博物館で一般公開する予定。

 
 江の手紙として現存するのは、同市佐野の尼寺・栄昌院に伝わる2通のみ。いずれも2代将軍徳川秀忠の妻となった江が、福井か京都にいた姉の初にあてたもので、近況や祝儀へのお礼などが流麗な筆致で記されている。

 この寺はもともと福井にあり、初の菩提(ぼだい)を弔っていたため、手紙が残った。手紙は20年ほど前に確認され、昨年11月、市歴史博物館に寄託された。

 パネルには、2通の手紙の写真と、読み下し文、解説を掲載。寺の紹介も添えた。同組合に加盟するホテル・旅館7施設のロビーや観光案内所など計10施設に20枚設置する。展示は11月末まで。

 同組合の橋本勝昭事務局長は「東日本大震災の影響で、関東だけでなく西日本からのキャンセルも目立つ。来ていただいたお客さんには、パネルを見て戦国時代に思いをはせ、心を和ませてもらいたい」と話している。 (森村陽子)

旅コラム
国内
海外