【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】がんばれ東北!忍者の里も応援 4月から伊賀のフェスで支援企画

【三重】がんばれ東北!忍者の里も応援 4月から伊賀のフェスで支援企画

ジャンル・エリア : 三重  2011年03月29日

1枚100円から販売する手裏剣形の被災地応援シール=伊賀市役所で

1枚100円から販売する手裏剣形の被災地応援シール=伊賀市役所で

 忍者の里・伊賀市の春の一大イベント「伊賀上野NINJAフェスタ2011」が4月から市街地で開幕する。東日本大震災で開催も危ぶまれたが「がんばれ東北」を合い言葉に、被災地支援の企画を取り入れて実施することにした。実行委は「大変な時にこそ被災地を元気づけよう」と来場を呼び掛ける。

 
 観光客が忍者装束を着てまちなかを巡る恒例行事。震災を受け、今回新たに「がんばれ東北」の標語が入った手裏剣形シールを1万枚作った。期間中の土日祝日にオープンする忍者変身処(フェスタ本部=上野ふれあいプラザ内)で1枚100円から販売し、売り上げを日本赤十字社に寄託する。購入者には支援協力の印としてシールを胸元に貼ってもらう。

 記念撮影用に、忍者のイラストを描いた顔出し看板(縦1.3メートル、横1.8メートル)も新調した。本部に置き、利用者から震災の義援金を募る。修業をイメージした市街地各所のアトラクション施設「まちかど忍者道場」など17カ所余りにも義援金箱を設置する。

 期間は5月5日まで。衣装を貸し出す忍者変身処やまちかど忍者道場は土日祝日のみの開催だが、市街地の個人商店など9カ所では平日も忍者衣装を貸し出す。

 実行委は「子どもが笑顔になれるイベントを打ち出した。楽しみながら被災地支援に一役買ってもらえれば」と話している。

 問い合わせは事務局の市商工労働観光課=電0595(43)2309=へ。 (河北彬光)

旅コラム
国内
海外