【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】桜まつり あすから 古城公園と福岡でW開催

【富山】桜まつり あすから 古城公園と福岡でW開催

ジャンル・エリア : 富山  2011年03月31日

いずれも満開は中旬

ぼんぼりを飾って開花を待つばかりの桜並木=高岡古城公園で

ぼんぼりを飾って開花を待つばかりの桜並木=高岡古城公園で

 高岡市の桜の名所で4月1日から、花見を楽しむイベントが始まる。高岡古城公園の高岡桜まつりと、同市福岡町の岸渡(がんど)川べりでの福岡さくらまつり(北陸中日新聞後援)。いずれもまだつぼみだが、4月中旬に見込まれる満開に向けて、さまざまな催しを用意している。

 
 高岡桜まつり(17日まで)は、古城公園内の23種類、約2700本の桜を、一部ライトアップもしながら楽しんでもらう。公園管理事務所は、8日ごろに開花し、13日ごろに満開になると予想している。

 公園内の桜並木にはすでにぼんぼりが飾られた。期間中の土、日曜日などに野だてを楽しむ会を催すほか、10日には「高岡民謡唄(うた)と踊りの集い」、ボランティアガイドの案内による公園内の「見どころ散策」を予定。堀をめぐる遊覧船からも花を楽しめる。

 福岡さくらまつり(20日まで)は、約1000本の桜並木が花見の人たちを迎える。事務局の市福岡総合行政センターは「花は例年より少し遅れ気味で、9~10日ごろに開花し、14~15日ごろがピークになりそう」。

 ぼんぼりを飾った並木周辺で16、17日を中心に、舟下りや雅楽・能楽公演、パレード、屋台村、歌謡ショーなどの行事も多彩に繰り広げられる。

 問い合わせは、高岡桜まつりが市観光協会=電0766(20)1547、福岡さくらまつりは事務局=電0766(64)1426=へ。 (森木幹哉)

高岡の魅力わくわく
お濠遊覧船 大幅値下げ
運航日も増え より便利に

 高岡商工会議所は4月1日から今季の運航を始める「高岡古城公園お濠(ほり)めぐり遊覧船」で、観光客の集客力アップと乗船者増のため、料金を下げ、運航日を大幅に増やす。

 新しい料金は、中学生以上500円、5歳~小学生が200円。2010年までは、それぞれ800円、400円だった。5歳未満は引き続き無料。

 運航期間も、10年は11月中旬までだったのを、11年は同29日まで延長。週末中心の運航を、ほぼ毎日の運航に変え、運航日を約100日増やす。運休は祝日を除き水曜日。問い合わせは高岡商議所=電0766(23)5000=へ。 (飯田克志)

緑の街プラン策定へ
来月、市民にアンケート

 高岡市は2011年度、市内の緑の保全や緑化などの施策を取りまとめた新「高岡市グリーンプラン(緑の基本計画)」を策定する。市民の意見をプランに反映させるため、市民3000人に4月、アンケートをする。

 高岡市と旧福岡町にあった旧「緑の基本計画」は策定から10年余りが経過。市は地球温暖化など社会情勢の変化に対応し、策定中の新総合計画に沿った形でプランを市緑化審議会の審議を経て策定する。

 計画期間は12~21年。緑化の基本方針、目標・指標の設定、緑の保全と活用、創出といった施策などを盛り込む。里山の保全・活用、市街地の空き地の活用、温暖化対策への緑の活用なども加える。アンケートは市民以外に、事業所にも実施。今秋に素案をまとめ、年度末に策定する。 (飯田克志)

旅コラム
国内
海外