【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】でか山の人形 5体に 87年ぶり 祭り明るく

【石川】でか山の人形 5体に 87年ぶり 祭り明るく

ジャンル・エリア : 石川  2011年04月05日

フジツルの束を用いて「でか山」を固定していく若衆ら=七尾市山王町で

フジツルの束を用いて「でか山」を固定していく若衆ら=七尾市山王町で

七尾 鍛冶町

 七尾市で5月3日から開催される「青柏祭の曳山(ひきやま)行事」を担う3町の一つ鍛冶町が、1924(大正13)年以来87年ぶりに、山車「でか山」に載せる人形を現在の3体から、5体に復活させる。(福本英司)

 
 同町によると、でか山を運行する御祓川大通りが完成したことを記念し、大地主神社(同市山王町)の宮司と、山王奉賛会、同市神明町、連町の協力を得て人形の数を増やした。人形は歌舞伎の「白浪五人男」を飾る。

 若衆らは3日、でか山の山建て作業を始めた。人形は5月2日の人形宿で公開。山口明総代(67)は「東日本大震災で多くの人が悲しんでいる。人形を増やして明るい祭りにしたい」と意気込む。

 子ども木やりの練習も、子ども5人が参加して神社隣の山王閣で始まった。

旅コラム
国内
海外