【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】各務原に「はやぶさ」来る 29日から実物カプセル展示

【岐阜】各務原に「はやぶさ」来る 29日から実物カプセル展示

ジャンル・エリア : 岐阜  2011年04月28日

探査機「はやぶさ」と小惑星イトカワの想像図。米科学アカデミーは、地球に接近する恐れのある天体を探る上で重要な探査だったと報告書で評価(宇宙航空研究開発機構・池下章裕氏提供)

探査機「はやぶさ」と小惑星イトカワの想像図。米科学アカデミーは、地球に接近する恐れのある天体を探る上で重要な探査だったと報告書で評価(宇宙航空研究開発機構・池下章裕氏提供)

 地球から3億キロ離れた小惑星イトカワの微粒子を7年かけて持ち帰った探査機「はやぶさ」のカプセルの実物が29日から5月1日まで、各務原市下切町のかかみがはら航空宇宙科学博物館で展示される。開館15周年記念の特別企画。

 
 2003年に打ち上げられたはやぶさは、05年にイトカワに着陸し地表の標本採取を試みた。昨年6月、地球に帰還し、本体は大気圏突入で燃え尽きたが、オーストラリアの砂漠に落下したカプセルからイトカワの微粒子が見つかった。

 実物の展示は、カプセルの胴体部分やパラシュート、電子機器。地上での実験用に作られた同型のカプセルの完成品なども並ぶ。29日午前11時からはJAXAの的川泰宣名誉教授が講演する。

 期間中の開館は午前9時半~午後5時。入館料は高校生以上500円、中学生以下は無料と普段より安く設定する。カプセル観覧は整理券が必要で、各日の午前9時と午後0時半から配布する。問い合わせは、同館=電058(386)8500=へ。 (久下悠一郎)

旅コラム
国内
海外