【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】夏日に映える カキツバタ 兼六園で開花

【石川】夏日に映える カキツバタ 兼六園で開花

ジャンル・エリア : 石川  2011年05月17日

好天が続き、ちらほらと咲き始めたカキツバタ=金沢市の兼六園で

好天が続き、ちらほらと咲き始めたカキツバタ=金沢市の兼六園で

 金沢市の兼六園で、初夏の水辺を彩るカキツバタがちらほら咲き始めた。県金沢城・兼六園管理事務所によると、冬の寒さの影響で例年より生育が1週間ほど遅れていたが、このところの好天続きでようやく開花。紫のあでやかな姿が観光客らの目を楽しませている。

 
 同事務所によると、霞(かすみ)ケ池に流れ込む曲水に約1万株、約4万本のカキツバタが群生している。16日現在で開花したのは、花見橋付近を中心に数本だけ。まだわずかだが、今後、一気に開花が進み、今月下旬から6月上旬に見ごろになるという。

 16日の県内は、南寄りの暖かい風が流れ込み、最高気温が25.7度と6日ぶりの夏日で6月下旬並みの暑さとなった。金沢地方気象台によると、17日は前日夜に所により降り出す雨が朝まで残るものの、日中は回復して午後には晴れるという。 (中島健二)

旅コラム
国内
海外