【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】電気自動車を官民に貸し出し 豊郷の宮川さん

【滋賀】電気自動車を官民に貸し出し 豊郷の宮川さん

ジャンル・エリア : 近畿  2011年06月01日

宮川さん(左)らから電気自動車の扱い方の説明を受ける職員=豊郷町役場で

宮川さん(左)らから電気自動車の扱い方の説明を受ける職員=豊郷町役場で

 人気アニメ「けいおん!」ブームに沸く豊郷町で、アニメファンら観光客に各地を巡ってもらおうと、地元のガソリンスタンド「宮川石油」の宮川博史社長(41)が電気自動車を購入し1日から、平日は公用車として町に、土、日曜や祝日は観光客らにそれぞれ貸し出す。民間主導のカーシェアリングは県内では初の試みという。

 
 町では、豊郷小旧校舎がアニメの舞台とされ、一昨年からファンが殺到。週末で多い日には、約300人が訪れる。中には「(アニメキャラを描いた)車に乗りたい」などの要望もあるという。

 ファンサービスや観光振興の一環として、けいおんでまちおこし実行委員長でもある宮川さんが電気自動車の購入を決め、「環境のために公用車としても利用を」と町に協力を依頼、快諾を得た。町は、レンタル料などに本年度は132万円の予算を計上した。

 5月31日には町役場で、職員たちが充電の仕方など電気自動車の説明を宮川さんら関係者から受けた。町の担当者は「二酸化炭素(CO2)が削減でき環境に優しく、観光振興にもつながる」と期待する。

 観光客らには今週末から貸し出し、アニメ関連のステッカーを用意してファンの利用拡大を狙う。利用料は1時間2000円から。宮川さんは「一般の方も利用し、電気自動車を知る機会になれば」と話している。

 利用などはホームページ「宮川石油」で。

 (古根村進然)

旅コラム
国内
海外