【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】宿泊で寒ブリ当てよう 氷見観光協会キャンペーン 100人にプレゼント

【富山】宿泊で寒ブリ当てよう 氷見観光協会キャンペーン 100人にプレゼント

ジャンル・エリア : 富山  2011年06月01日

「氷見に泊まってひみ寒ぶりを当てて」と呼び掛けるポスター=氷見市観光協会事務所で

「氷見に泊まってひみ寒ぶりを当てて」と呼び掛けるポスター=氷見市観光協会事務所で

 氷見市観光協会は、協会に加盟する46の宿泊施設を利用した人の中から抽選で100人に、特産の高級ブランド魚・寒ブリをプレゼントするキャンペーンをしている。

 
 宿泊客に1回の施設利用につき、抽選はがき1枚を配り、郵送か、JR氷見駅構内の市観光協会事務所、道の駅・氷見フィッシャーマンズワーフ海鮮館の各窓口で8月31日まで応募を受け付ける。9月に抽選を行い、当選者には来年1月ごろ、氷見漁港に水揚げされた寒ブリ1匹(重さ8キロ程度)が自宅に送られる。

 市では東日本大震災が発生した3月、宿泊者数が前年の4割以下に減少。その後も引き続き、宿泊の先行予約状況が前年比8割ほどにとどまっている。キャンペーンは、こうした沈滞ムードを振り払おうと企画した。総事業費800万円。

 市観光協会は「海水浴や、新鮮な海産物を味わいに氷見に足を運び、同時に冬の風物詩の寒ブリも当ててほしい」と話している。

 問い合わせは、市観光協会=電0766(74)5250=へ。 (奥村圭吾)

旅コラム
国内
海外