【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】室町時代の庭園池跡発見 米原・能仁寺遺跡

【滋賀】室町時代の庭園池跡発見 米原・能仁寺遺跡

ジャンル・エリア : 近畿  2011年06月03日

室町時代の池跡に敷き詰められた河原石=米原市の清滝寺・能仁寺遺跡で

室町時代の池跡に敷き詰められた河原石=米原市の清滝寺・能仁寺遺跡で

 県文化財保護協会は2日、米原市清滝の清滝寺・能仁(のうにん)寺遺跡の発掘調査で、室町時代の庭園の池跡が見つかった、と発表した。同時代の池跡は珍しく、中世の庭園を知る上で貴重な遺構だという。

 
 室町前期の寺院跡の基壇下層から、東西3.7メートル、南北2.5メートルの範囲に敷き詰められた大きさ3~5センチの河原石が見つかった。

 石は池底に使われた「玉石」とみられる。池は能仁寺川に隣接しており、排水口跡もあった。鎌倉-室町時代に守護大名として権勢を誇った京極家の初代当主の墓所に隣接していることから、庭園の持ち主は京極家一族と考えられるという。

 基壇南側の区画では、川の水を流すためにしつらえた石組み溝も発見。溝は寺院と同時代の庭の一部とみられる。

 京都産業大の鈴木久男教授(歴史考古学)は「池と石組み溝は水が豊富という地の利を生かしており、造った人の意匠を強く感じる」と話している。

 発掘調査は昨年5月から始まり、昨年11月には京極家の7代目当主高詮(たかのり)(1352~1401年)の菩提(ぼだい)寺とみられる寺院跡を発見した。

 協会は、5日午後1時半から現地説明会を開く。9日から30日まで出土品や調査成果を紹介するパネルを近江八幡市安土町の県立安土城考古博物館で展示する。

 問い合わせは県文化財保護協会=電077(548)9780=へ。

 (森若奈)

旅コラム
国内
海外