【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】東松さんの写真学ぶ 名古屋市美術館で後輩の愛大生12人

【愛知】東松さんの写真学ぶ 名古屋市美術館で後輩の愛大生12人

ジャンル・エリア : 愛知  2011年06月10日

東松さんの写真を紹介する越知さん(右)と愛知大の学生=名古屋市中区の市美術館で

東松さんの写真を紹介する越知さん(右)と愛知大の学生=名古屋市中区の市美術館で

 名古屋市中区の市美術館で開かれている写真展「写真家・東松照明 全仕事」(中日新聞社など共催)に9日、東松さん(81)の母校、愛知大の写真研究会の学生12人が見学に訪れた。

 
 東松さんは愛知大在学中の20歳のときに写真と出会った。学生生活でもさまざまな分野の教授に刺激を受け、日本が抱える問題を大きな視点から見つめられるように成長できたという。

 見学した経済学部1年の熊崎孝太さん(18)は「東松さんが自分の生きた戦後を撮ってきたように、自分もこれからの時代を撮っていきたい」と抱負を語った。

 東松さんの大学時代の先輩で元愛知大客員研究員の越知専(まこと)さん(80)は学生たちに作品を紹介しながら「若い世代の人に東松の作品から何かを感じ取り、世界を見る目を養ってもらえたら」と期待を語った。

 写真展は12日まで。入場料は大人1100円、高大生700円、小中学生400円。(問)市美術館=電052(212)0001 (小沢慧一)

旅コラム
国内
海外