【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】空飛ぶ!? 世界最大“帆船” 輪島で凧「浜風丸」展示

【石川】空飛ぶ!? 世界最大“帆船” 輪島で凧「浜風丸」展示

ジャンル・エリア : 石川  2011年06月14日

展示が始まった帆船形の大凧「浜風丸」=輪島市塚田町で

展示が始まった帆船形の大凧「浜風丸」=輪島市塚田町で

 巨大帆船をかたどった世界最大級という凧(たこ)の展示が13日、輪島市塚田町の能登のお祭館「キリコ会館」で始まった。

 
 内灘町で毎年5月に開かれる「世界の凧の祭典」で、同町大凧保存会が2008年に実際に揚げることに成功した「浜風丸」と名付けられた凧。長さ6.2メートル、幅2.5メートルの船体に、赤色のナイロン製の帆を張り、船底から最上部までの高さは5.5メートル、重さは23キロ。

 フェスティバルで実際に揚がった時の写真も紹介している。保存会からは1997年に同館に畳53枚分の大きさの凧が贈られており、その縁で今回の寄贈も実現した。

 訪れた人は「こんな大きなものが空を飛んだなんてすごい」と感嘆の声を上げながら見上げていた。

 稲垣民夫館長は「会館ではキリコを中心に能登の神事や祭りを紹介しているが、多彩な祭りの一つとして変化が加わり、多くの人に楽しんでもらえると思う」と話している。 (小塚泉)

旅コラム
国内
海外