【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】上品な甘さ「金福すいか」 JA福井市、出荷を前に試し切り

【福井】上品な甘さ「金福すいか」 JA福井市、出荷を前に試し切り

ジャンル・エリア : 福井  2011年06月28日

みずみずしい「金福すいか」を前に笑顔の北野善直さん(左)、キクエさん=福井市白方町で

みずみずしい「金福すいか」を前に笑顔の北野善直さん(左)、キクエさん=福井市白方町で

 福井特産の小玉スイカ「金福すいか」の出荷が28日から始まるのを前に、福井市白方町のJA福井市の予冷庫で27日、生産者やJA関係者たちが試し切りした。

 
 今年は例年よりも甘みがあり、関係者たちは試食して納得の笑みを浮かべていた。

 金福すいかは皮が黄色で、一般的なスイカより甘さが控えめの上品な後味が特徴。この日は関係者10人余りが集まり、スイカを切って糖度を測った。11度以上で出荷できるが、切ったスイカはいずれも12度近くで、上々の出来。

 近くの生産者北野善直さん(54)は、母キクエさん(79)と翌日からの出荷に備え、ハウスで育てたスイカを収穫していた。

 白方町には生産農家が5戸あり、今年は7月中旬までに例年並みの計450~500玉の出荷を見込む。主に2玉入りのケースにして東京を中心に出荷する。 (丸山崇志)

旅コラム
国内
海外