【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】愛称「プラネタリウム天歩」に 飯田市美術博物館

【長野】愛称「プラネタリウム天歩」に 飯田市美術博物館

ジャンル・エリア : 甲信越  2011年07月04日

井上副館長から記念品を受け取る清水さん(左)=飯田市の市美術博物館で

井上副館長から記念品を受け取る清水さん(左)=飯田市の市美術博物館で

 飯田市美術博物館でリニューアルしたプラネタリウムの愛称が「プラネタリウム天歩(tempo)」に決定し、3日、採用された案の応募者に記念品が渡された。

 
 愛称に選ばれたのは、豊丘村で切り絵クラブの代表も務める清水秀也さん(77)。4月に妻とともに同館を訪れた際に、応募した。「富士山頂から見た雲海が頭に浮かび、その上を歩けたらと思いを込めて付けた。まさか選ばれるとは思わなかったのでうれしい」と話し、井上晃男副館長から記念品のホームプラネタリウムを受け取った。

 この日は、3月26日にプラネタリウムがリニューアルしてから8000人目の来館者となった同市の上郷小4年、岡田知希君(10)らにも招待券がプレゼントされた。

 プラネタリウムは、デジタルシステムに変更され、星空の動きなども表現できるほか、地元の自然の映像なども半円球形のスクリーンに投影できる。今後、独自の番組を制作していくという。

旅コラム
国内
海外