【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. ひこねスカイアドベンチャー 滋賀県彦根市

ひこねスカイアドベンチャー 滋賀県彦根市

ジャンル・エリア : 三重  2011年07月07日

住宅のはるか上を通過する空中スライダー

住宅のはるか上を通過する空中スライダー

スリル満点、 爽快感

 いい大人も子どもも、夢中になるアクティビティー。はらはらどきどき、爽快感も味わえる施設が滋賀県彦根市にできた「ひこねスカイアドベンチャー」だ。夏休み、家族やカップルで挑戦しては。ただし、熱中症にはご用心。

 「スカイ-」の名がある通り、高い場所に設置した遊具のみ。心を引き締めて取り組まないと危険。ヘルメットに命綱、ハーネスを体に取り付けて行う。空中アスレチックは、高さ8メートルの位置に取り付けられた丸太渡り、綱渡り、網登りなど18の関門がある。途中で怖くなって棄権する人もいるという。彦根市内から両親と来ていた小学校4年生の男の子は、「丸太に足がなかなか届かず、怖かった」と額に汗をにじませて話した。

 空中ブランコは、サーカス用で、一般の人ができる器具としては日本初登場という。気持ちがいいのは空中スライダー。山の高台に出発点を設置、ワイヤを209メートル張り、専用器具にぶら下がって滑り落ちる。途中、住宅のはるか上を通過するところがあり、スリル満点。若いカップルは「めっちゃ気持ちいい」と立て続けに3回していた。

夢京橋キャッスルロード

夢京橋キャッスルロード

 おなかがすいたら、彦根城・京橋方面へ。現代によみがえらせた新しい城下町「夢京橋キャッスルロード」があり、和菓子、土産、食事処(どころ)が軒を連ねる。たこ焼きのようなつぶら餅(1個60円)のテークアウトの店や、和ろうそく、お香を取りそろえ、キャンドル作り体験もできる「夢京橋あかり館」などがあるほか、バームクーヘンでおなじみの「たねや」もすぐ。彦根城に行けば、ゆるキャラで有名になった「ひこにゃん」に会えるかも。

 ▼メモ ひこねスカイアドベンチャーは、JR東海道線彦根駅からタクシー。マイカーは名神・彦根ICから国道306、8号で約7、8分。アンビエントガーデン彦根方面へ。無料駐車場あり。入場は無料。空中アスレチック、空中ブランコ(要予約)は、ともに中学生以上3500円、小学生2500円。空中スライダーは3回1000円(電)0749(26)1793。全般の問い合わせは彦根観光協会(電)0749(23)0001

(中日新聞夕刊 2011年7月7日掲載)

旅コラム
国内
海外