【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】世界最長サマーゲレンデ 郡上の白鳥リゾート

【岐阜】世界最長サマーゲレンデ 郡上の白鳥リゾート

ジャンル・エリア : 岐阜  2011年07月15日

世界最長のサマーゲレンデをスイスイと滑走する関係者=郡上市白鳥町で

世界最長のサマーゲレンデをスイスイと滑走する関係者=郡上市白鳥町で

 郡上市白鳥町のウイングヒルズ白鳥リゾートで16日、長さ1000メートルのサマーゲレンデがオープンする。14日には全国のメディアやスキー場対象の滑走体験会が開かれ、世界一長いドライ・スキー・スロープのギネス世界記録の認定証の授与式もあった。

 
 ゲレンデには、経営するスポーツ用品販売大手「アルペン」(名古屋市)が、おととし開発した次世代スノーマット「ピス・ラボ」が敷き詰めてある。ギネス・ワールド・レコーズ(英国)のカルロス・マルチネスさんと、日本支社(東京)の公式認定員小川エリカさんが測定し、斜面実長923.7メートルが世界最長と認定した。

 体験会には中部、関東、関西の35社、約100人が参加。デモ滑走の後、マルチネスさんが水野泰三社長に認定証を授与した。

 ピス・ラボは一昨年秋に長さ300メートル、昨年は長さ1000メートルに拡張して早期開業や春の雪解け対策に威力を発揮。間欠式スプリンクラー262個で散水し、ワックスシートを44カ所配備して滑走性を高めるなどして夏季営業を実現した。

 サマーゲレンデは9月25日まで。午前8時半から午後4時まで4人乗り高速リフトを運行する。 

 (島崎賢一)

旅コラム
国内
海外