【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】奇妙な生き物にゾクッ 鳥羽水族館で特別展

【三重】奇妙な生き物にゾクッ 鳥羽水族館で特別展

ジャンル・エリア : 三重  2011年07月20日

お化けを連想させる生き物やその標本などが並んだ特別展=鳥羽市の鳥羽水族館で

お化けを連想させる生き物やその標本などが並んだ特別展=鳥羽市の鳥羽水族館で

 鳥羽市の鳥羽水族館で、お化けをテーマにした特別展「おばけゾクゾク水族館」が開かれている。夏の怪談シーズンに合わせ、ちょっぴり奇妙で面白い生き物12種が並んでいる。8月31日まで。

 
 体がほぼ透明で骨が際立つ魚類「トランスルーセントグラスキャット」は、骸骨が泳いでいるよう。ほのかに赤い体とユラユラ揺れるあごひげが特徴の魚類「サケビクニン」はまるで闇夜にさまよう人魂だ。

 甲殻類の「ヘイケガニ」は甲羅の模様が怒った顔に見え、平家の亡霊伝説と結び付いて名付けられた。長い鼻のような突出した口とうちわに似た胸ビレで魚類の「ウミテング」も泳ぎ回る。大入道を思わすサメの「メガマウス」など巨大生物の標本や模型も掲示されている。

 館内では期間中、お化けをテーマにしたセイウチショーや、一つ目小僧に似せたソフトクリームの販売もある。 (片山健生)

旅コラム
国内
海外