【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】掛川城ゆかりの遺物を紹介 陶磁器や瓦など貴重な73点展示

【静岡】掛川城ゆかりの遺物を紹介 陶磁器や瓦など貴重な73点展示

ジャンル・エリア : 静岡  2011年08月05日

掛川城跡から出土した戦国~江戸時代の遺物を紹介した掛川城展=掛川市千羽の埋蔵文化財センターで

掛川城跡から出土した戦国~江戸時代の遺物を紹介した掛川城展=掛川市千羽の埋蔵文化財センターで

 掛川市千羽の市埋蔵文化財センターで、掛川城周辺の発掘調査などで出土した掛川城ゆかりの遺物を紹介した「掛川城」展が始まった。センター近くには安養寺運動公園があり、夏季はプールの利用者が多いことからセンターにも気軽に立ち寄ってほしいと呼びかけている。12月27日まで、入場無料。 (堀内孝義)

 
 掛川城は公園整備や市街地整備に伴い、たびたび発掘調査を実施している。今回展は掛川城にスポットを当て、「掛川城ができたころ」「城主の威光」「武士のたしなみ」「宴のうつわ」「染付の文様」の5つのテーマ別に戦国時代から江戸時代までの陶磁器や瓦など出土品73点を展示した。

 掛川城跡から出土した戦国~安土桃山時代に使われたミニチュア茶釜や宝珠文鬼瓦、江戸時代の桔梗(ききょう)紋が入った軒丸瓦、茶の湯の席上、湯を沸かすのに用いた風炉、緑色の煎茶道具の涼炉、取っ手に菊花のタガネ打ちが施された酒の燗(かん)をする際に用いた燗鍋、竜の模様が入った染め付け皿など、貴重な遺物ばかり。土・日・祝日は休館。問い合わせは市教委社会教育課文化財係=電0537(21)1158=へ。

旅コラム
国内
海外