【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】澄んだ音色、聴衆魅了 松本SKF開幕

【長野】澄んだ音色、聴衆魅了 松本SKF開幕

ジャンル・エリア : 甲信越  2011年08月09日

金管アンサンブルの澄んだ音色が響いた「サイトウ・キネン室内勉強会」の発表会=松本市のあがたの森文化会館で

金管アンサンブルの澄んだ音色が響いた「サイトウ・キネン室内勉強会」の発表会=松本市のあがたの森文化会館で

 「楽都・松本」の夏を音楽一色に染める祭典「サイトウ・キネン・フェスティバル松本(SKF)」が8日、松本市のあがたの森文化会館で開幕した。

 
 例年と同じく、口火を切ったのは、オーディションで選ばれた若手音楽家10人による「サイトウ・キネン室内勉強会」。息のあった金管アンサンブルで、待ちわびた聴衆300人を魅了した。

 メンバーはサイトウ・キネン・オーケストラ(SKO)の指導を受けた演奏家たち。V・エワルド「金管五重奏曲第三番」、L・バーンスタイン「ウェスト・サイド・ストーリー」など10曲を演奏、重厚な調べを会場に響かせた。

 20回目の記念となる今年のSKFは、同市の県松本文化会館を主会場に、9プログラム19公演が市内であり、9月には中国での「引っ越し公演」も初めて実施する。総監督の小沢征爾さんは21日初演のオペラで指揮をする。 (安藤孝憲)

旅コラム
国内
海外