【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】新作、ポップな招き猫 20日から常滑焼まつり

【愛知】新作、ポップな招き猫 20日から常滑焼まつり

ジャンル・エリア : 愛知  2011年08月19日

新作の招き猫を仕上げる沢田佳代さん=常滑市奥条で

新作の招き猫を仕上げる沢田佳代さん=常滑市奥条で

 20、21日に常滑市の常滑ボートレース場で開かれる「常滑焼まつり」で、カラフルな招き猫の新作が披露される。同市大野町のイラストレーター沢田佳代さんが、優しい表情の猫に明るい色使いでクローバーやイチゴなどを描き、見た目にも涼しげに仕上げた。

 
 沢田さんは、市観光協会のみやげ袋のイラストを手掛けるなど活躍中。同市奥条の陶器店「ヤマタネ」が打診し、今年初めごろから新デザインに取り組んだ。アクリル絵の具の明るい色は、素焼き風の招き猫と相性が良く、5種類のパターンを考え出した。

 手描きのデザインは1個ずつ異なり、クローバーの中に四つ葉が1つだけあるなど、遊び心たっぷり。「招き猫は和の印象が強いけど、ポップな絵柄とも相性は悪くない。眺めて幸せな気分になってもらえたら」と沢田さん。大きさは3種類あり、1800~4500円。ヤマタネのブースで販売する。

 今年の祭りでは、常滑焼の急須で日本茶をいれて味わう「茶(ちゃ)ふぇ」(500円)などを開催。20日午後7時からは、りんくう地区で1500発を打ち上げる納涼大花火大会がある。

 セラモール会場でも、焼き物チャリティーオークションなどが開かれる。 (福本雅則)

旅コラム
国内
海外