【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】イルカの涼しい贈り物 名港水族館で「海水シャワー」

【愛知】イルカの涼しい贈り物 名港水族館で「海水シャワー」

ジャンル・エリア : 愛知  2011年08月23日

イルカが尾びれを振り、観客に水しぶきをかける海水シャワーのパフォーマンス=名古屋市港区の名古屋港水族館で

イルカが尾びれを振り、観客に水しぶきをかける海水シャワーのパフォーマンス=名古屋市港区の名古屋港水族館で

 夏休みも残すところ10日を切った。子どもたちに最後まで楽しい思い出をつくってもらおうと、名古屋港水族館(名古屋市港区港町)は22日、イルカがプールから水しぶきをプレゼントする「海水シャワースペシャル」を始めた。31日まで。

 
 イルカのパフォーマンスを行うメーンプールには、約400人が集まった。トレーナーが「ここに座っている皆さんは水を浴びたい人たちですね」と呼び掛けると、2頭のバンドウイルカは尾びれを使って観客席に大量の海水を届けた。

 頭から水浸しになった子どもたちも、涼しい贈り物に笑顔。イルカトレーナーの杉山麻美さん(24)は「暑い夏休みの最後に、楽しい思い出をつくってほしい」と話していた。シャワーは、平日午後2時から、土、日曜は午後3時から、それぞれ10分程度。

 このほか、同館で生まれた希少なウミガメ「タイマイ」を、先月末に沖縄県八重山諸島に放流し野生復帰を目指すプロジェクトも紹介。タイマイに触れることもでき、平日は午後3時、土、日曜は午後3時半から講義を開いている。 (柚木まり)

旅コラム
国内
海外