【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】200人「被災地へ希望を」 高岡「大空へ飛べ」25周年

【富山】200人「被災地へ希望を」 高岡「大空へ飛べ」25周年

ジャンル・エリア : 富山  2011年08月24日

本番へ向けリハーサルに熱を込める「大空へ飛べ」メンバーら=県高岡文化ホールで

本番へ向けリハーサルに熱を込める「大空へ飛べ」メンバーら=県高岡文化ホールで

27日慈善コンサート

 高岡市のボランティア団体「大空へ飛べ」が27日、設立25年特別企画として東日本大震災チャリティーコンサート(北陸中日新聞後援)を、同市中川園町の県高岡文化ホールで開く。幼児から高齢者までの約200人が歌やダンスを通じて、大震災をみんなで乗り越えようという希望の輪を広げる。(飯田克志)

 
 団体は1986(昭和61)年に設立。子どもを中心に、歌や劇を通じて地域の交流を広げる活動をしている。

 大震災後は、被災地支援の募金活動をしており、節目のコンサートもチャリティーにすることにした。収益は義援金として、校舎が使えない宮城県東松島市の小学校2校と中学校1校に送る。

 コンサートは2部構成。1部は、出会いやつながりをテーマにしたミュージカル「私たちの空」を上演する。会員が「大空」の活動を題材にして、初めて脚本や歌などすべてを手掛けた。

 2部は「がんばれ東北、がんばろうみんな」と題して、大震災を乗り越えようと呼び掛ける歌を歌う。「そしてぼくらは地球」「明日があるさ」などを、合唱やダンスで披露する。

 設立から四半世紀、親になったメンバーが子どもと参加したり、県外に進学した大学生が練習のために何度も帰ってきたりして、公演に備えている。小学6年生以来、継続的に参加し、今回は劇の演出を担当する高校教諭西海裕一さん(28)は「『大空』で多くの人と知り合い、友達もできた。そのつながりがあるから、続けてこられた」と笑顔で振り返る。

 被災者は入場を無料にした。「大空へ飛べ」実行委員長の谷口徹さん(高岡市千鳥丘小学校教頭)は「みんなでつくり上げる楽しいステージをぜひ見に来てほしい」と話している。公演は午後2時、6時半の2回。入場料は一般1000円(当日1200円)、小中高校生500円(同600円)。問い合わせは、谷口さん=電0766(68)1755=へ。

旅コラム
国内
海外