【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】ヒガンバナ、遊歩道の土手彩る 一乗谷朝倉氏遺跡

【福井】ヒガンバナ、遊歩道の土手彩る 一乗谷朝倉氏遺跡

ジャンル・エリア : 福井  2011年09月01日

観光客らの目に留まる黄色いヒガンバナ=福井市城戸ノ内町で

観光客らの目に留まる黄色いヒガンバナ=福井市城戸ノ内町で

 福井市城戸(きど)ノ内(うち)町の一乗谷朝倉氏遺跡で、黄色いヒガンバナが咲き、栄華を誇った戦国時代の町並みに秋の装いをもたらしている。

 
 薄黄色のヒガンバナは遊歩道沿いの土手を彩り、厳しい残暑の中、観光客には一服の清涼剤となっている。

 県総合グリーンセンター(坂井市)の緑の相談員によると、ヒガンバナには、赤や白、ピンク、黄があるが「黄色は目にすることが少ない」という。

 同遺跡周辺では例年、真っ赤なヒガンバナも咲き、23日には遺跡一帯で「彼岸花まつり」が開かれる。 (蓮覚寺宏絵)

旅コラム
国内
海外