【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】往年の名車などミニカーの世界 名古屋の荒木集成館

【愛知】往年の名車などミニカーの世界 名古屋の荒木集成館

ジャンル・エリア : 愛知  2011年09月11日

働く車や往年の名車のミニカーが並ぶ企画展=名古屋市天白区の荒木集成館で

働く車や往年の名車のミニカーが並ぶ企画展=名古屋市天白区の荒木集成館で

 ミニカーを通して自動車の歴史に触れる企画展「楽しいミニカーの世界」が、名古屋市天白区中平5の私設博物館「荒木集成館」で開かれている。12月11日まで。

 
 市東部の遺跡「東山古窯跡」の発掘品を紹介する博物館が「子どもにも訪れてほしい」と初めて企画。荒木正直理事長ら10人が、ミニカーやラジコンカーなど300点を持ち寄った。

 現代の乗用車のほか、パトカーや消防車、トレーラーなど働く車が勢ぞろい。往年のベンツやポルシェ、「テントウムシ」と呼ばれたスバル360、ボンネットバスや三輪車のミゼットも目を引く。

 入場料は大人300円、高・大生180円、小・中生100円。中学生以下の来場者にラジオコントロールカーなど10点が展示終了後に抽選で贈られる。(問)荒木集成館=電052(802)2531

旅コラム
国内
海外