【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 土肥金山 静岡県伊豆市

土肥金山 静岡県伊豆市

ジャンル・エリア : 静岡  2011年09月15日

大人も子どもも、砂金採りに挑戦する表情は真剣そのもの

大人も子どもも、砂金採りに挑戦する表情は真剣そのもの

世界最大の金塊展示

 世界的に価格が高騰している「金」運にあやかろうと、かつて新潟県の佐渡に次ぐ産出量を誇った静岡県伊豆市の土肥(とい)金山(現在は閉山)を訪ねた。土肥港までは、清水港からフェリーで65分の船旅。陸路より時間短縮でき、天気さえ良ければ海上から眺める富士山がいい。今なら静岡県の宿泊施設に泊まると、清水港からフェリーの自動車搬送料金が半額になるキャンペーンを30日まで実施している。

 金山は総延長100キロメートルに及ぶ坑道の一部約400メートルを公開。江戸時代の採掘の様子を人形で再現している。坑内の気温は通年19度といい、意外に快適。坑内には触れば金運をつかむとされる「黄金の泉」も。隣接の資料館「黄金館」では、ギネスにも認定された世界一の巨大金塊(250キロ)が展示され、ケースの穴から手で触れる。滋賀県彦根市から来た家族は、「金運が上がりそう!」とにっこり。

 「砂金館」で砂金採りに挑戦したが、30分の制限時間で米粒大より小さい6粒がやっと。今年の暫定チャンピオンは66粒。採った砂金は持ち帰れるため、みんな真剣だ。

世界のガラス工芸作家の作品が鑑賞できる「黄金崎クリスタルパーク」のミュージアム

世界のガラス工芸作家の作品が鑑賞できる「黄金崎クリスタルパーク」のミュージアム

 海岸沿いに12キロほど下ると「黄金崎(こがねざき)クリスタルパーク」(西伊豆町)。オリジナルのガラス作品が作れる体験工房と、世界のガラス造形作家の作品が鑑賞できるミュージアムがある。体験工房では、かわいくて実用的なジェルキャンドル作り体験(1000円+ガラス小物代)がお薦め。ミュージアムでは29日まで、藤田喬平・藤田潤「色ガラスの美」展を催している。

 ▼メモ 土肥金山は、伊豆箱根鉄道修善寺駅からバスで約50分。マイカーは、駿河湾フェリーで清水港から土肥港で下船してすぐ。入場は大人840円、小学生420円。砂金採り体験は大人600円、小学生以下500円。無休。(電)0558(98)0800。黄金崎クリスタルパークのミュージアムは大人800円、小中学生400円。無休(9月30日は臨時休館)。(電)0558(55)1515。全般は静岡県名古屋観光案内所(電)052(262)7471

(中日新聞夕刊 2011年9月15日掲載)

旅コラム
国内
海外