【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】扉付きや立体的な絵 県美術館で「中部国展」始まる

【愛知】扉付きや立体的な絵 県美術館で「中部国展」始まる

ジャンル・エリア : 愛知  2011年09月22日

個性豊かな作品が並ぶ会場=名古屋市東区の県美術館ギャラリーで

個性豊かな作品が並ぶ会場=名古屋市東区の県美術館ギャラリーで

 中部地方からの公募作品を集めた「中部国展」(中日新聞社共催)が21日、名古屋市東区東桜の県美術館ギャラリーで始まった。25日まで。

 
 「創作の自由」を掲げる国画会名古屋支部が主催。会員や準会員などの絵画や版画、彫刻、工芸、写真の計210点を展示している。絵画では木を使った立体的なコラージュや、左右に木で扉を付けたものなど、個性豊かな作品が並んだ。版画や油彩にコンピューターグラフィックスを取り入れた作品も目を引いている。

 入場料は一般600円、高・大生500円、中学生以下無料。

旅コラム
国内
海外