【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】日本列島“海女さん”大集合 鳥羽・海の博物館で特別展

【三重】日本列島“海女さん”大集合 鳥羽・海の博物館で特別展

ジャンル・エリア : 三重  2011年10月06日

海女の歴史や素顔を多くの資料で紹介する特別展=鳥羽市浦村町の海の博物館で

海女の歴史や素顔を多くの資料で紹介する特別展=鳥羽市浦村町の海の博物館で

 海女の歴史や実態を国内外の資料230点超で紹介する特別展「日本列島“海女さん”大集合」が、鳥羽市浦村町の海の博物館で開かれている。来年1月15日まで。

 
 博物館の創立40周年の記念事業。国内では5000年前には存在し、現在も志摩半島を中心に全国で約2100人を数える海女について歴史、道具、地域性、作業現場での表情の4部門で伝えている。

 歴史については、平安時代中期の随筆「枕草子」に記された海女の下りや、海女を描いた江戸時代の浮世絵などが写真パネルで並び、海女文化の古さや市民生活との近さを示している。

 道具が並ぶ一角には、水中眼鏡やウエットスーツの普及で過剰採取気味の海産物を一定の大きさ以下で獲らないようにと、各地で使われている計測器「寸棒」もあり、資源管理の重要性を強調している。

 地域性の部門では、韓国・済州島の海女の磯着や活動状況の説明パネルも展示され、国を超えて息づく海女文化を紹介している。

  (片山健生)

旅コラム
国内
海外