【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】恐竜の世界を立体映像に 勝山の博物館でイベント開幕

【福井】恐竜の世界を立体映像に 勝山の博物館でイベント開幕

ジャンル・エリア : 福井  2011年10月14日

専用の装置を使うと、目の前の実空間に右画面のように恐竜が現れる=勝山市の県立恐竜博物館で

専用の装置を使うと、目の前の実空間に右画面のように恐竜が現れる=勝山市の県立恐竜博物館で

 勝山市村岡町の県立恐竜博物館で14日から、最先端の立体映像技術「ミクスト・リアリティー(MR)」を体感できるイベント「よみがえる恐竜たち」が始まる。30日まで。開幕を前に13日、報道機関向けの内覧会が開かれた。

 
 県とキヤノングループのキヤノンマーケティングジャパン名古屋支店(名古屋市)が、9月に結んだ観光振興の協力協定に基づく連携事業の第1弾。MRは実空間と仮想のコンピューターグラフィックスを融合させ、立体的に映し出す技術で、キヤノンが研究開発を進めている。

 今回は、キヤノンが国立科学博物館(東京)などの協力で試作した「トリケラトプスの親子とティラノサウルス」と「小型植物食恐竜オスニエロサウルス」の2つのメニューを用意。1~2分のソフトで、専用の装置を通して見ると、目の前でほぼ実物大の恐竜たちが動き回り、実際に恐竜の世界に来たような感覚を楽しめる。

 期間中、平日は午前9時から午後4時まで随時参加できる。土日は午前10時から午後3時までの計5回に分けて開き、各30分前に受け付ける。

 同館の常設展観覧者は無料。問い合わせは同館=電0779(88)0001=へ。

 (平井一敏)

旅コラム
国内
海外