【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】新そばに舌鼓 飯田で祭り始まる

【長野】新そばに舌鼓 飯田で祭り始まる

ジャンル・エリア : 甲信越  2011年10月17日

打ち立てのそばを味わう来場者=飯田市の天龍峡温泉交流館で

打ち立てのそばを味わう来場者=飯田市の天龍峡温泉交流館で

 打ちたてのそばを楽しむ「若返りの湯 天龍峡そば祭り」が16日、飯田市川路の天龍峡温泉交流館で始まった。地元で採れたソバを使ったイベントで、11月27日まで毎週日曜日に開催される。

 
 同市川路などの畑や休耕田で「信州大そば」という品種を栽培している天龍峡そば普及組合(塩沢寛組合長)が主催。地元産ソバの普及と同交流館活用を兼ね、今年から始めた。

 食堂では、ざるそばかき揚げそばなど5種類のそばメニューが用意され、1日限定50食で提供された。同市で農業研修をする石黒則雄さん(35)、靖代さん夫妻は、ざるそばなどを味わいながら「もちっとしておいしい」と舌鼓。用意されたそばは完売となった。

 交流館では地元の野菜即売もあった。塩沢組合長は「初日は盛況だった。味には自信を持っているので、ゆくゆくはそば打ちの拠点も作ってさらに普及していきたい」と話していた。祭りの問い合わせは同市観光課天龍峡事務所=電0265(27)4011=へ。 (吉田幸雄)

旅コラム
国内
海外