【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】新鮮で良質、水産物PR 「地魚情報館」福井に開館

【福井】新鮮で良質、水産物PR 「地魚情報館」福井に開館

ジャンル・エリア : 福井  2011年10月19日

地魚を使った料理を紹介する漁協女性部のメンバーら=福井市の県水産会館で

地魚を使った料理を紹介する漁協女性部のメンバーら=福井市の県水産会館で

 県内の水産物をPRする「ふくいの地魚情報館」が18日、福井市の県水産会館1階にオープンした。干物やぬか漬け「へしこ」など常時十数種の加工品を販売し、旬の地魚や料理レシピなどの情報を提供する。

 
 魚の消費拡大を図ろうと、県や県漁連、水産関係業者などでつくる越前・若狭のさかな販売協議会が開設。

 週1~2回、県内漁港直送の鮮魚や各漁協女性部の手作り総菜も販売する。当日の県内各漁港の水揚げ状況なども紹介している。

 関係者ら約50人が出席した開所式で、同協議会長の高橋治県漁連会長は「新鮮で高品質の地魚をたくさん食べてほしい」とアピール。西川一誠知事らとテープカットしてオープンを祝った。

 館内は早速、多くの主婦らでにぎわい、特産の干しガレイや「若狭ぐじ」の鮮魚などを買い求めていた。アマエビの空揚げや小カレイのみりん干しなど、漁協女性部による料理の試食会もあり、好評だった。

 同館は年末年始以外の毎日午前10時から午後6時(土日・祝日は午後2時)まで営業する。 (平井一敏)

旅コラム
国内
海外