【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 志摩マリンランド 三重県志摩市

志摩マリンランド 三重県志摩市

ジャンル・エリア : 三重  2011年10月20日

裏方探検で水槽の上からマンボウを見学する親子

裏方探検で水槽の上からマンボウを見学する親子

裏方探検で餌やりも

 「マンボウの泳ぐ水族館」として知られる志摩マリンランド(三重県志摩市)で、11月30日まで裏方探検を開いている。入館料のみで体験でき、家族連れに人気だ。

 探検は、毎日午前10時半から約20分。飼育員の説明を聞きながら、繁殖棟や地下の自家発電設備など、普段見られない水族館の裏側を見学し、餌やり体験も。水槽の上から棒を入れて寄ってきたマンボウに「わー、すごい」「結構速く泳げるんだ」と感嘆の声が上がっていた。

 現在、動物や鳥の名前が付いた魚を集めた企画展「水の中の動物園」も開催中(11月30日まで)。鼻先が伸びるエレファントノーズや模様が面白いホルスタインタティアなど全34種類。

 ほかに、ペンギンタッチ(12月までの土日祝日)やペンギン餌やり(11月までの土日祝日・1組300円)などの体験もあり、いずれも人気のため、電話予約がお勧め。

エスペランサ号から英虞湾を望む人たち

エスペランサ号から英虞湾を望む人たち

 水族館を堪能したら、賢島駅を挟んで南へすぐのところにあるこぢんまりとした賢島港へ。ここから英虞湾遊覧船(賢島エスパーニャクルーズ)が出ている。スペイン大航海時代の帆船をモチーフにしたエスペランサ号(定員250人)に乗るなら、午前9時半~午後4時半の毎時30分(12時半は除く)出航を狙おう。デッキやマストの上には船員の人形もあって、気分が盛り上がる。

 クルーズ時間は約50分。真珠養殖のいかだや美しいリアス式海岸を眺めていると、時がたつのを忘れるほど。冷暖房の効いた室内も快適だが、今の時期は日差しと潮風が気持ちいい展望デッキが人気。

 ▼メモ 志摩マリンランドは近鉄賢島駅から徒歩約2分。マイカーは伊勢道・伊勢西ICから県道32号、国道167号で約40分。午前9時~午後5時開園、無休。入館料大人1250円、中高生700円、小学生500円、4歳以上の幼児300円。英虞湾遊覧とのお得なセット券は大人2200円、中高生1760円、小学生1000円。(電)0599(43)1225。英虞湾遊覧は1日12便(冬期は11便)、無休。大人1500円、小学生750円。(電)0599(43)1023

(中日新聞夕刊 2011年10月20日掲載)

旅コラム
国内
海外