【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】“日常生活”発のかばんや小物展 射水で来月

【富山】“日常生活”発のかばんや小物展 射水で来月

ジャンル・エリア : 富山  2011年10月25日

軽い素材で作ったかばん=サクライさん提供

軽い素材で作ったかばん=サクライさん提供

 かばんや小物を手掛ける富山市在住の作家サクライマキさん(40)の個展「サクライ家の日々」(北陸中日新聞後援)が11月3~6日、射水市東太閤山のギャラリー「ガラスのピラミッド」である。子どもでも使いやすい軽い素材で作ったかばんなど、身近な人を思って作った100点余りの作品が並ぶ。

 
 かばんは、パンチカーペットと呼ばれるポリエステル製の軽い素材で作ったエコバッグ10種類。ほかにキーホルダーなどもある。販売もする。

 サクライさんが本格的に創作を始めたのは7年前。クリスマス用の飾りが売られていた店先で、当時2歳だった息子に「ママも作れるでしょ」と言われ、帰宅後、2人で手作りした。以来「物作りの発想は、身近な人との関わりや日常生活から生まれる」をモットーに創作活動をしている。

 会場では3日午後2時から、歌を交えた紙芝居を楽しめる親子向けイベント(500円)もある。問い合わせは、ガラスのピラミッド=電0766(56)8512=へ。 (中村真暁)

旅コラム
国内
海外