【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】必見 台本やサイン 志賀・富来図書館で特別展

【石川】必見 台本やサイン 志賀・富来図書館で特別展

ジャンル・エリア : 石川  2009年11月11日

公開間近の「ゼロの焦点」をPRする松本清張特別展=志賀町富来図書館で

公開間近の「ゼロの焦点」をPRする松本清張特別展=志賀町富来図書館で

映画『ゼロの焦点』ロケ地
清張コーナーを一新

 松本清張(1909~92年)の生誕百年記念映画「ゼロの焦点」(犬童一心監督)が14日から全国公開されるのを前に、ロケ地となった志賀町の富来図書館で、清張作品や映画台本などを並べた特別展が開かれている。(小塚泉)

 
 ヤセの断崖でロケが行われた4~5月に設けた清張コーナーを一新。松本清張記念館(北九州市)の特別企画展で購入したパンフレットや、東宝から提供された台本の一部やロケの写真、スタッフ着用のTシャツ、出演した広末涼子さん、鹿賀丈史さんのサイン色紙などが並んでいる。

 図書館が所蔵する松本清張全集や単行本、文庫本も多く展示。赤色と黒色をメーンとした映画ポスターに合わせ、展示棚の前面を赤色セロハンで覆い、夕方近くになると差し込む光で、赤くゆらめくように工夫も凝らした。

 「ゼロの焦点」は1961(昭和36)年に映画化。志賀町(旧富来町)のヤセの断崖でロケが行われ、能登ブームのきっかけにもなった。図書館は「模様替えをしながら、普段あまり見ることのない資料を展示していきたい」と話し、多くの人がロケ地を訪れるよう期待している。

旅コラム
国内
海外