【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】甘いガスエビ、味わって 「夢古道おわせ」でフェア

【三重】甘いガスエビ、味わって 「夢古道おわせ」でフェア

ジャンル・エリア : 三重  2011年11月10日

多彩なガスエビの料理が提供されているランチバイキング=尾鷲市向井の夢古道おわせで

多彩なガスエビの料理が提供されているランチバイキング=尾鷲市向井の夢古道おわせで

 尾鷲市などで「ガスエビ」と呼ばれるヒゲナガエビの料理を提供する「ガスエビフェア」が、同市向井の観光物産施設「夢古道おわせ」のランチバイキングで開かれている。27日まで。

 
 ガスエビは体長10センチほどで、底引き網漁が行われる秋から春にかけて漁獲される。背わたを取るときの臭いがガスに似ていることから、ガスエビの名がついたといわれる。甘味が特徴で、尾鷲では刺し身や天ぷらなどにして食べられている。

 輪番で調理を担当する3グループのうち、13日までは同市天満浦の女性の町づくり団体「天満浦百人会」が調理を担当し、かき揚げと炊き込みご飯を提供。今年はガスエビの漁獲量が少なく、調達に苦労したという。

 夢古道おわせの担当者は「ガスエビは変色が早いので、その日のうちに食べるのがいちばん。新鮮で甘いガスエビを味わって」とPRしている。

 ランチバイキングは午前11~午後2時。料金は一般1200円、60歳以上1000円、小学生700円、幼児(4歳以上)300円、3歳以下無料。問い合わせは夢古道おわせ=電0597(22)1124=へ。 (宮崎正嗣)

旅コラム
国内
海外