【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】無機ELの輝き 名古屋・アスナル金山に電飾

【愛知】無機ELの輝き 名古屋・アスナル金山に電飾

ジャンル・エリア : 愛知  2011年11月21日

アスナル金山で輝く、無機ELを使ったイルミネーション=名古屋市中区金山で

アスナル金山で輝く、無機ELを使ったイルミネーション=名古屋市中区金山で

 「無機エレクトロルミネッセンス(EL)」と呼ばれる照明によるイルミネーションが、名古屋市中区金山の複合商業施設「アスナル金山」で使われている。名古屋工業大の伊藤孝紀准教授によると、無機ELの照明はまだ実験レベルで、実用的な形で披露されるのは珍しい。イルミネーションに使用されるのは全国で初めてという。

 
 ELは「電気による発光」の意味。消費電力が少なく、薄型化が特徴で液晶に代わる次世代ディスプレーなどで期待され、有機物を使った「有機EL」が広く電化製品に応用されている。

 無機ELは発光体として炭素を含まない硫化亜鉛などの無機物を利用。現段階では照度が低い。有機と比べて大きなメリットはないが、製作の材料費が抑えられるとも言われる。イルミネーションには50センチ角の無機EL三角形パネル100枚を使用。高さ6メートルの地点にシャンデリアを模した形に白や青、黄色の無機ELパネルが配置されている。無機ELを示す表示はない。

 アスナル金山を運営する名古屋都市整備公社と伊藤准教授が計画。「アスナルは明るいので無機ELでも十分、イルミネーションになる。全国初なら面白い」と思いついた。イルミネーションは午後5時から午前0時まで。クリスマスや大みそかを経てバレンタインデーの来年2月14日まで続けられる。 (中村禎一郎)

旅コラム
国内
海外