【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】冬も能登空港着便で ズワイガニ当てよう

【石川】冬も能登空港着便で ズワイガニ当てよう

ジャンル・エリア : 石川  2011年12月02日

表課長(左)からカニを受け取った高橋さん(右)と、林さん夫妻=能登空港で

表課長(左)からカニを受け取った高橋さん(右)と、林さん夫妻=能登空港で

期間企画 座席番号で抽選

 能登空港の能登着便搭乗者に能登産ズワイガニを贈る冬季キャンペーン「冬こそ能登へ」が1日、始まった。年末年始を除き3月6日まで行う。

 
 搭乗者が少なくなる冬の利用客増を狙い、能登空港利用促進協議会が企画。座席番号で抽選し、カニを1便につき2人に贈り、ほかに天日塩や能登かきのプレゼントもある。

 午前到着便では県空港企画課の表正人課長らが出迎え、神奈川県三浦市の会社員高橋猛夫さん(45)と、東京都世田谷区の会社員林保茂さん(54)夫妻に手渡した。

 高橋さんは「能登を訪れるのは初めて。ラッキーです」、林さんは「カニを食べたいと思って訪れた。キャンペーンのことは知っていたけどまさか当たるとは」とうれしそう。

 利用が少ないと予想される便を「逆転満塁ホームラン便」と名付けて能登かきを贈る抽選もあり、当選した横浜市の主婦大浦孝子さん(66)は「感激いっぱい、笑顔いっぱいです」と喜んだ。

 昨年7月からことし7月までの搭乗率は、大震災の影響で55%にとどまった。7月以降は11月末現在で66%(前年同期62%)。表課長は「冬は厳しいがスタートから全力で取り組んでいきたい」と話した。 (小塚泉)

旅コラム
国内
海外