【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 下呂温泉花火ミュージカル 岐阜県下呂市

下呂温泉花火ミュージカル 岐阜県下呂市

ジャンル・エリア : 岐阜  2011年12月08日

望川館の庭園から、下呂温泉の花火ミュージカルを眺める温泉客

望川館の庭園から、下呂温泉の花火ミュージカルを眺める温泉客

冬の恋人たちを彩る

 下呂温泉(岐阜県下呂市)で、今年も冬の花火ミュージカルが始まった。2000年にスタートし、別名「恋人たちの冬花火」。12月の毎週土曜午後8時から15分間、飛騨川のほとりで打ち上げられる。

 毎回違うテーマで音楽に合わせて打ち上げられるのは、7000発の仕掛け花火。見どころスポットは下呂大橋だが、川に面した各旅館の川べりの部屋からも楽しめる。打ち上げ場所にほど近い旅館「望川館」では、多くの宿泊客が和風庭園に出て肩を寄せ合いながら見物していた。名古屋市のカップルは「冬の花火ってきれい。音楽とマッチしてて感動した」とはにかんだ。

 25日まで毎晩、しらさぎ緑地公園でウインターイルミネーションも実施中(花火打ち上げ時は消灯)。桜の大木やもみの木に飾り付けられた約2万個の電飾に、今年は雪が舞い落ちるような動きをする発光ダイオード(LED)電飾が加わった。ロマンチックなムードに、写真を撮る女性の姿が見られた。

 クリスマスイブの24日は、温泉街を流れる小川沿いに午後7時から約3000個のキャンドルに灯がともり、クリスマスムード一色。花火の公演時間も午後8時半まで延長し、仕掛け花火1万発、打ち上げ花火1000発などが予定されている。

「さるぼぼ黄金の足湯」でくつろぐ浴客

「さるぼぼ黄金の足湯」でくつろぐ浴客

 温泉街には、金ピカに輝く「さるぼぼ黄金の足湯」など、ヒノキ造りや洋風の無料足湯が8カ所ある。恋に効く神社やお寺、甘味処に併設されている足湯もあり、ぽかぽか身体で街歩きを楽しめる。思い出作りには、湯の街ギャラリー「さんぽ道」の無料絵手紙体験がお薦め。

 ▼メモ 下呂温泉は、JR高山線下呂駅下車。マイカーは中央自動車道中津川ICから国道257号で約1時間。望川館の一番人気「飛騨牛朴葉味噌焼き付きプラン」は、1泊2食付き大人1万円~。(電)0576(25)2048。花火ミュージカルは、荒天、河川増水時は中止(雨天決行)。問い合わせは下呂市観光課(電)0576(24)2222

(中日新聞夕刊 2011年12月8日掲載)

旅コラム
国内
海外