【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】小沢さんや田部井さんら揮毫 松本駅前で時計塔の除幕式

【長野】小沢さんや田部井さんら揮毫 松本駅前で時計塔の除幕式

ジャンル・エリア : 甲信越  2011年12月20日

田部井淳子さん(左)、小沢征爾さん(中)らが揮毫した時計塔=松本市のJR松本駅前広場で

田部井淳子さん(左)、小沢征爾さん(中)らが揮毫した時計塔=松本市のJR松本駅前広場で

 松本南ロータリークラブ(RC)が松本市に寄贈したJR松本駅前広場の時計塔の除幕式が19日にあった。サイトウ・キネン・フェスティバル松本(SKF)総監督で指揮者の小沢征爾さん、市観光大使で登山家の田部井淳子さん、菅谷昭市長がそれぞれ揮毫(きごう)した「楽都」「岳都」「学都」の文字が刻まれており、同RCの倉科晶夫会長は「駅前のシンボルとして末永く親しんでもらいたい」と願った。

 
 4月に迎えた同RC50周年記念事業として企画。関係者40人が出席した式には小沢さん、田部井さんも姿を見せ「書道の先生に習って思いを込めて書いた」「松本は大好きな街なので誇りに思う」とそれぞれ祝いの言葉を寄せた。

 大理石製の高さ3.5メートル、一辺が1メートルの三角柱で、三面の上部に太陽光で動く時計を掲げ、中央に3人の文字を刻む。下部にSKFや北アルプスなど松本の魅力を紹介するレリーフを設置している。

 (安藤孝憲)

旅コラム
国内
海外