【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】境内包む温かな光 多気・あんどん祭り

【三重】境内包む温かな光 多気・あんどん祭り

ジャンル・エリア : 三重  2011年12月26日

あんどんの光に包まれた境内で踊りを楽しむ人たち=多気町丹生の丹生大師で

あんどんの光に包まれた境内で踊りを楽しむ人たち=多気町丹生の丹生大師で

 地元住民による「丹生あんどん祭り」が25日、多気町丹生の丹生大師であり、境内と付近の道沿いに並べられた100基のあんどんに光がともされた。

 
 和歌山別街道が通る丹生地区は、江戸時代に伊勢参りの宿場町としてにぎわった。あんどん祭りは地元有志でつくる丹生大師街道町並み保存会が企画。辻洋史会長(79)が「地域の活性化に努力したい」とあいさつした。

 太鼓の音に合わせて一斉にあんどんが点灯されると、集まった多くの住民らから歓声が上がった。温かい光に包まれた境内では獅子舞や踊りが披露され、祭りを盛り上げた。

 あんどんは街道沿いの民家などの協力で、大みそかや毎月20日などにも点灯する。 (杉原麻央)

旅コラム
国内
海外