【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】黒部のバッティングセンター 本格降雪でにぎわう

【富山】黒部のバッティングセンター 本格降雪でにぎわう

ジャンル・エリア : 富山  2011年12月26日

本格的な降雪のため、にぎわう県内初の屋内型バッティングセンター=黒部市三日市で

本格的な降雪のため、にぎわう県内初の屋内型バッティングセンター=黒部市三日市で

 黒部市三日市に17日オープンした県内初の屋内型バッティングセンター「新川ベースボールパーク バッチコイ!」が、冬休みに入ってからの本格的な雪で、野球少年らでにぎわっている。

 
 映像に映し出されるプロ野球の現役投手と対戦できる5打席のほか、硬式とソフトボール用の1打席、ピッチャーズマウンドのあるブルペン、的を目掛けて投げるストラックアウトコーナーが備わっている。

 県内は23日からクリスマス寒波に見舞われ連日の降雪。パークには野球少年たちのほか、初めての若い女性や大人たちもいて、混んでいるときには順番を待って、ケージでボールを打っている。

 これまでは父親と富山市まで行っていた黒部市前沢小学校4年大井海舟君(10)は「近くにできて、バッティングの練習ができるからうれしい」と話していた。

 パークは、市内でガソリンスタンドを経営し、地元中学校野球部の外部コーチを務める潟田久恒さんが、冬でも打撃練習ができるようにと、ガソリンスタンド跡地にパークを建設した。

  (高橋恒夫)

旅コラム
国内
海外