【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】「今年の漢字」中部空港で展示 最近10年を1字でたどる

【愛知】「今年の漢字」中部空港で展示 最近10年を1字でたどる

ジャンル・エリア : 愛知  2011年12月27日

掛け軸やパネルで展示された「今年の漢字」に見入る旅行客ら=中部国際空港で

掛け軸やパネルで展示された「今年の漢字」に見入る旅行客ら=中部国際空港で

 最近10年の「今年の漢字」を実物大の掛け軸などで紹介する展示が26日、中部国際空港イベントプラザで始まった。2012年1月13日まで。

 
 日本漢字能力検定協会が、その年の世相を表す漢字1字を募集。「漢字の日」の12月12日に最も応募が多かった文字を発表し、京都・清水寺の森清範貫主が毛筆で書き上げた。

 中部空港での展示は初めて。2002年の「帰」から昨年の「暑」までの実物大レプリカを、縦1.8メートル、幅1.2メートルの掛け軸で、今年の「絆」は写真パネルで、それぞれ並べた。

 その年の主な出来事や流行語などの紹介を、日本語のほか英語、韓国語、中国語で添えてある。

 瑞穂区の会社員鬼頭宜嗣さん(49)は「年ごとの漢字が選ばれた理由も分かり、いろいろ思い出すことができた」と話していた。 (福本雅則)

旅コラム
国内
海外