【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】魚ッ!?黄金色のナマズ 各務原「アクア・トト」に登場

【岐阜】魚ッ!?黄金色のナマズ 各務原「アクア・トト」に登場

ジャンル・エリア : 岐阜  2011年12月28日

神秘的な姿で来場者を楽しませる黄金のナマズ=各務原市のアクア・トトぎふで

神秘的な姿で来場者を楽しませる黄金のナマズ=各務原市のアクア・トトぎふで

 各務原市川島笠田町の県世界淡水魚園水族館「アクア・トトぎふ」で27日、黄金色のナマズがお目見えした。新年を前に縁起の良い金色の体を水槽の中でくねらせ、来場者を楽しませている。展示は2012年1月31日まで。

 
 ナマズは体長30センチほどの成魚で、遺伝子の突然変異で生まれつき体の色素が欠損する「アルビノ」と呼ばれる個体。11月半ば、県内の川で釣り上げた男性が、同水族館に持ち込んだ。

 水族館によると、アルビノが生まれること自体まれだが、色が目立つために外敵から襲われやすく、生き延びることは非常に珍しいという。

 滋賀県の琵琶湖周辺に伝わる「金のナマズは弁天様の使い」という伝承にちなみ、「金運上昇?」などと紹介されている。訪れた家族らが携帯電話で写真を撮り、「待ち受け画面にすれば金運が上がるかな」などと話していた。 (斎藤雄介)

旅コラム
国内
海外